森進一 - 女のためいき
 
 
森進一
女のためいき

詞:吉川靜夫 曲:猪侯公章

死(し)んでもお前(まえ)を 離(はな)しはしない

そんな男(おとこ)の約(やく)束(そく)を

嘘(うそ)と知(し)らずに 信(しん)じてた

夜(よる)が 夜(よる)が 夜(よる)が泣(な)いてる

ああ 女(おんな)のためいき

ど( )うでもなるよに なったらいいと

思(おも)いなやんだ 時(とき)もある

なににすがって 生(い)きるのか

暗(くら)い 暗(くら)い 暗(くら)い灯(ほ)

影(かげ)の

ああ 女(おんな)のためいき

男(おとこ)と女(おんな)の 悲(かな)しいさだめ

なんで涙(なみだ)がつきまとう

ほれているから憎(にく)いのよ

未(み)練(れん) 未(み)練(れん) 未(み)練

(れん)一(ひと)つが

ああ 女(おんな)のためいき

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 
 
 

文章標籤

全站熱搜

蠶繭達人 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()